医学部の裏口入学に関して、予備校にも口利き相談する人がいます

医学部の裏口入学は何故あるのかというといくつかの理由

医学部の裏口入学は何故あるのかというといくつかの理由どちらの生徒が大学の都合に合っているかを見る為に面接する正常な入試試験にするという事が何より重要

医学部の裏口入学は何故あるのかというといくつか理由があります。
まず合格を請け負うブローカーのような存在の人間がいるからという点です。
一般的に大学の入試に関係している予備校や指導者の間では、実際に口利きの依頼を受けたり、行っているという話があります。
そして無事に合格出来た場合、親が大学に多額の寄付金をおくるという形です。
場合によっては前払いで支払う親もいます。
中には予備校に通っている生徒の親から、「口利きしてくれる人を紹介して下さい」と相談してくるケースもあります。
もちろんこのような例はほとんどありませんが、まったくないという事でもありません。
実際に医学部に合格してきた生徒の中には、明らかに学力不足の生徒もいて、その知識でよく試験を受かったなと驚く先生もいるぐらいです。
こうした生徒が全て口利きで合格したとはいいませんが、疑いたくなる気持ちも分からなくありません。
またゴボウ抜き合格者が存在しているという点も裏口入学がある理由の一つとして挙げられます。
ゴボウ抜き合格者とは、模試等で成績が全く良くなく、合格は厳しいと判断されていた生徒が、なぜか沢山の成績優秀者を押しのけて合格してしまう生徒の事です。
もちろん生徒が勉強していた所が運よく題されてたまたま合格出来たという可能性もあります。

医学部の文科省調査の会見まとめ
・アンケート時に得点操作を認めた大学はないにも関わらず、いくつかの訪問調査を行った結果、性別や年齢による調整や裏口入学を行っている医学部が複数存在した。

・全医学部を対象に訪問調査を実施する。
https://t.co/yBBQbNSKYm

— 医学部予備校ACE Academy (@aceacademy9) 2018年10月12日